RX-7おすすめパーツ(タイヤ編)

Pocket

RX-7おすすめパーツ(タイヤ編)

RX-7の足回りをチューニングするなら何が良いだろうと悩んでいませんか?ホイールも大事ですが、タイヤも同じくらいRX-7には大切なものです。ここで変なものを選んでしまうとかなり後悔すると思います。
そこで、RX-7の1991年モデル タイプ R 純正サイズのタイヤを集めてみました。有名なメーカーばかりで目移りすると思いますが、口コミを参考にしながら、購入に役立てて下さい。

出典:http://www.photo-ac.com/

 
 

こんなタイヤが人気(2018年4月現在)

PIRELLI(ピレリ) Cinturato P7 225/50R16 92V MO

【こんな所がお勧め】
ウェットに強く、比較的乗り心地が良い。そして走行中静かなところが人気のようです。
ワインディング(※1)を駆け抜けたいオーナーさんにとっては、ハンドリングが多少だるいとの口コミもありますので少し辛いかもしれません。 1

※1. 曲がりくねったという意味。バイク用語。 2

【その他の口コミ】

乗り心地重視の乗り心地とは俗に言うレグノみたいなという事でしょうか。
それであれば、P7やプライマシーHP系ではないでしょうか。今はプライマシー3でしたか。あとはコンチだとプレミアムコンタクトですかね。
ただあまりサイズがないですよね。
私は型落ちEなんですが、245 40 18 で中々欧州プレミアムコンフォートの選択肢がなくて困ってます。
レグノはドイツ車の足に合わないなど、以前こちらでみたもので。
国産ですけど私が気になってるのが今シーズンモデルチェンジしたアドバンdbなんですが、どうなんでしょうかね。 3

山道を走行中、純正(コンチネンタル スポーツコンタクト)の前輪のサイド側を落ちていた大きな石にぶつけてしまい、傷が入ったので交換を考えています。安価で評価の高いcinturato P7にしようと思っていますがスポーツコンタクトと比べて大きな差はあるのでしょうか。コンチにほぼ満足してましたが、今の車に他のタイヤを履かせたことがあるわけではないので悩んでいます。
走りの好みとしては、軽快にワインディングを駆け抜けられること、ウェットに強いことぐらいでしょうか。乗り心地がよく静かであれば良いのはもちろんです。ディーゼルで燃費はかなり良いのでタイヤの違いによる燃費の差は気になりません。 4

ダンロップ DIREZZA DZ102 225/50R16 92V

【こんな所がお勧め】
ダンロップ DIREZZA DZ101に比べてグリップ感にクセがなくなって進化したと評価されています。グリップ感にクセがあると言うのは、横の方向へハンドルを切る時、車の流れ方に違和感を感じることです。 5

【その他の口コミ】

やはりPotenzaかAdvan Neovaになるので、餃子定食さんがお教えくださった復刻版の記事は興味深く読みました。gda_hisashiさんも嘆いていらっしゃるとおり、残念ながらサイズが合いません。・
鉄仮面の発売当時の記事を読むと、「発進時に不用意にアクセルを踏むとスピンする」等の記述がありますが、少なくとも私が履い十数年前のタイヤですら、ウェット時によほど雑にアクセルを踏まない限り、そんなことにはなりません。タイヤも地道に進歩しているからと思います。DZ102も、昔ならばBSのGRIDIIに相当するラインナップですが、進歩しているのでしょうか
製造廃止になる前にRe-01RかAD7にするか、修理不能のパンク等のことも考えてDZ102にするか、悩んでいます。こうしたDZ102との比較も期待しています。 6

だいぶ時間を置いてしまいましたが、結局、DZ102を購入しました。
RE-01Rとの比較ですが、街中でのハンドリングは軽快です。少なくとも、駐車時にパワステが壊れたのかと一瞬疑うことはなくなりました。高速でも結構しなやかに路面に吸い付いてくれるので、思ったより怖くありませんでした。もちろん、FR車のリアでどっしりと路面をつかんでくれる感覚はありませんが。一方、雨天時はハイドロを起こすような大雨時には走行していないのですが、通常のウエットであれば、あまり変わらないか、むしろ頼りない感じです。
総合的には、そこそこ飛ばして乗るには、合格点でした。 7

ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ ADVAN FLEVA V701 225/50R16 92W

【こんな所がお勧め】
最近流行りのエコタイヤで、雨の日の走行も安定感抜群です。ヨコハマタイヤはタイヤのデザインも研究されていて、非常に格好良いです。オーナーさんの心を鷲掴みにしていると思います。また、走行が静かなところも高評価を得ています。 8
また、タイヤ総幅が170mmあるため、タイヤを太く見せたいオーナーさんはお勧めです。 9

【その他の口コミ】

前はダンロップSP SPORT MAXX TTで走りはよかったのですが
細かい段差でもゴツゴツとかなり音がうるさくて
現在のミシュランのプライマシー3にしたのですが
プライマシー3は概ね良かったのですが高速走行時のコーナリング中にフロントアウトサイドに負荷かかった時にクニャっと感があり気になったのでもう少しスポーツ寄りのタイヤが良いかと思い。
Pilot Sport 4 225/45ZR17 (94Y) XL
ADVAN FLEVA V701 225/45R17 94W XL
この2つで悩み中。
10

神奈川某所のコクピット(COCKPIT)で7月中に予約し、昨日入荷、8月6日の今日の午前中に装着してきました。
サイズは215 / 45 /17インチ、6年経ったコンチネンタルコンタクトスポ-ツ3からの履き替えです。
まぎれもない製造したての新製品というのは、理屈抜きで何だか嬉しいですネ。
11

ダンロップ DIREZZA ZIII 225/50R16 92V

【こんな所がお勧め】
多少路面が濡れていても安定した走行ができるのでお勧めです。ただし、ハイドロプレーニング(※1)性能が弱いため雨の日走行は、速度を控え目にする必要があります。 12

※1. 自動車などが水の溜まった路面などを走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象。 13

【その他の口コミ】

DIREZZA ZIIIが弱いのはウエットグリップ性能では無く、耐ハイドロプレーニング性能です。
つまり、DIREZZA ZIII のウエットグリップ性能はDIREZZA DZ101よりも上だと考えています。
しかし、排水性能が悪いDIREZZA ZIIIは前述のように耐ハイドロプレーニング性能が弱いのです。
という事で高速道路を走る際にはDIREZZA ZIIIでは、雨の日は速度を控えめに走行されるような注意が必要になりそうです。
14

175/60R14へのサイズダウンは応答性が悪化しそうなので、私なら選択しません。
つまり、私なら185/55R14のENERGY SAVER+を選択します。
それとインチアップして195/45R15というサイズならPROXES T1Rがあります。
PROXES T1Rなら耐ハイドロ性能は先ず先ずですが、発売が2005年と古いですね。
15

まとめ

RX-7を乗られるオーナーさんは、おなじみのメーカーばっかりだったと思います。最近の主流はエコタイヤです。スポーツカーというのは、高速走行することが多いのでどうしてもタイヤがどんどん摩耗していきます。乗用車の場合は通常5,000km毎に行うことが良い 16 とされています。そのため早いサイクルでタイヤ交換をしなくてはいけなくなり、費用がかさみます。それゆえにエコタイヤが人気なんですね。オーナーさんのこだわりポイントは、他にもたくさんあると思いますが、参考になれば幸いです。